企業理念

ファイナンシャルプランナーは、物売りであってはならない

販売で収入を得るには、販売ありきの提案しかできません。

ファイナンシャルプランナー(以下:FP)の仕事の基本とも言えるものが、ライフプランの設計です。

お客様がこれからどんな生活を送りたいのか、お客様の思いが込められた大事な人生設計です。

これを経済的な側面から人生設計の実現が可能なのか診断し、結果に問題があれば実行支援をするのがFPの役目です。

このライフプランの設計で、最終的にお客様に提案するのが”生命保険

残念ながら、これが日本と韓国のFPの実情とも言えます。

世界のFPと日本と韓国のFP業務は全く異なっています。

世界のFPは、お客様の投資目的に応じた金融資産全体の最適な配分と、それに整合的な個別銘柄を選択した業務を行っているのです。

お客様の金融資産を殖やすことを目的として仕事をしています。

では、なぜ日本や韓国のFPは生命保険を売るのでしょうか?

それは、生命保険を販売して収入を得ているからです。

販売ありきの提案しかできないのが実情です。

保険は必要だという提案しかされないのです。

人生設計で生命保険が不要な場合もあります。

常にお客様本位で物事を考えるのであれば、FPは物売りをするべきではないと考え、保険や金融商品等の取り扱いは行っておりません。

FP兼武

未来の家計簿を作成しよう!   無料メルマガ読者登録フォーム