老後生活の過不足額は?

経理経験20年以上のプロ

「貯金はできているけど老後の収入に不安を感じている方」を専門に、

「給与収入が今までと変わらずとも手取額を増やす方法」を上手く活用し、

「老後は貯蓄が減らない安心な暮らし」をご提案します。

 

FP兼武(かねたけ)です。

あなたは老後のお金について考えたことはありますか?

収入から支出を差引して

プラスになりそうですか?

 

それともマイナスになりそうですか?

 

実際にどれぐらいの家計収支なのか統計データをご紹介します。

 

総務省統計局の家計調査報告[家計収支編]2019年(令和元年)平均結果から、

高齢夫婦無職世帯の家計収支-2019年-を抜粋しました。

 

高齢夫婦無職世帯とは、

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの世帯です。

 

2017年の報告では、

毎月5万4,519円の赤字となっており、

30年で老後資金が2,000万円不足すると

問題になっていました。

それが2019年の報告では、

毎月の不足額は3万3,269円に減少しています。

 

30年にすると、約1,200万円の不足です。

随分と変わりましたね。

 

老後資金2,000万円不足問題をきっかけにして、

投資を考えた人も増えたようですが、

これはあくまで統計値であり

誰でも2,000万円足りないという訳ではありません。

 

ご自身で老後資金の過不足を計算する必要があるのですが、

あなたは老後資金の過不足を計算する方法をご存知でしょうか?

 

FP兼武が無料メルマガ

「未来の家計簿を作成しよう!」で

計算方法をお伝えしているので、

よろしければご利用ください。

未来の家計簿を作成しよう!   無料メルマガ読者登録フォーム

仮にあなたの老後の不足金額が、

統計と同じ3万3,269円だったとします。

 

夫婦二人の生活が30年で計算すれば、

約1,200万円となります。

 

この不足金額以上の貯蓄や退職金があったとしても要注意です。

それはなぜだと思いますか?

 

家計収支の報告は、

あくまでも毎月の収入と支出についての算出であり、

毎月発生しないものは計算には含まれていないからです。

 

・車の買い替え

・マイホームのリフォーム

・子供の結婚資金援助

・家族旅行 などの費用は含まれていません。

 

老後の生活に必要と思われているものを全部含めると、

貯蓄や退職金があっても生活費が足りないことになる可能性があります。

 

これを解決するには、

無料メルマガ「未来の家計簿を作成しよう!」がお役に立ちます。

未来の家計簿を作成しよう!   無料メルマガ読者登録フォーム

 

「未来の家計簿」は人生のお金の流れを見える化することで、

今何をやるべきかを考えるきっかけになり、

理想の生活を実現するためのツールです。

 

今まで当たり前の様に払っていたものに

無駄があることに気づくことができます。

 

「未来の家計簿」の作り方が分かるようになれば、

何十万円いや何百万円も無駄を省くことができる可能性を秘めています。

 

「金融資産が減らない暮らし」の第一歩は、

現状の家計の把握です。

 

現状が赤字家計であれば、

無駄なものは、とことん省きましょう。

 

無駄を省くコツは、

毎月一定額のもので金額の高いものから

本当にそれが今必要なのか考えてみることです。

 

仮に必要だとしても

同じ内容で他に安いものがないか

確認することが大切です。

 

月々1万円お金が浮くだけで、

30年で360万円にもなります。

 

「未来の家計簿」を作成して、

人生のお金の流れを確認してみるのはいかがでしょうか?

 

必ず何かしらの発見がありますよ。

ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

毎月の支出を減らしてお金を浮かせる方法以外に、

給料の手取額を増やせる方法もあります。

 

あなたは確定拠出年金で老後に備えていますか?

 

確定拠出年金を利用することで、

今までよりも所得税が安くなり手元に残るお金が増えます。

 

確定拠出年金制度の概要は

厚生労働省のホームページで詳しく説明されています。

確定拠出年金をご存知なければ、一度確認されてみてはいかがでしょうか?

  

 無料メルマガ「未来の家計簿を作成しよう!」で、

「金融資産が減らない暮らし」が可能なのか 

 確認することができます。

未来の家計簿を作成しよう!   無料メルマガ読者登録フォーム

 

最期までご高覧いただき有難うございます。

FP兼武

関連記事

  1. 目標金額を達成する可能性

  2. 「金融資産が減らない暮らし」とは

  3. 老後生活の不足額を賄うには?

  4. 少額から始めてみる

  5. 「金融資産が減らない暮らし」とは

  6. Go To Eat キャンペーン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

未来の家計簿を作成しよう!   無料メルマガ読者登録フォーム